お茶の水・散歩

近代教育発祥の地、お茶の水界隈を歩きました。 ニコライ堂 「日本ハリストス正教会復活大聖堂」が正式名称。
画像
日本に正教会の教えをもたらしたロシア人修道司祭、聖ニコライにちなんで「ニコライ堂」と呼ばれる様になりました。 緑色の大きなドーム屋根、白壁に黒い縁取り模様…なんて綺麗でしょう! トルコでみ見たモスクを思い出しました。
画像
教会内は撮影禁止。外国の教会はほとんど撮影OKですが。 ここは日本、仕方ないですね。 湯島聖堂 湯島聖堂とは、元禄時代、5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟のこと。        杏壇門から見た大成殿(奥の建物)
画像
大成殿には孔子翁が祭ってあります。 受験シーズンには合格祈願のために、参拝に来る受験生で大賑い。 大成殿の傍らには見事な大銀杏が5~6本植わっています。 聖堂は建物、門、すべて漆黒色。銀杏の黄色とのコントラストが見事!
画像
堂内には中華民国から寄贈された孔子像もあります。        世界で一番大きい孔子像
画像
その後、およそ100年を経た寛政9年(1797)幕府直轄学校として、世に名高い「昌平坂学問所」が開設された、と記してありました。 神田明神 「明神さま」と呼ばれ、家庭円満、縁結び、商売繁盛、事業繁栄の守護神として大変親しまれています。        神田明神 隨神門
画像
野村胡堂の名作「銭形平次物語」の主人公である「平次親分」の住まいは明神下。この辺りでしょうか?        御社殿
画像
阿・吽の立派な狛犬も鎮座していました。        吽の狛犬
画像

夢の六義園

ライトアップをしている、江戸の名園「六義園」を訪ねました。
画像
入口の門
画像
一歩くぐると・・・!
画像
夢の世界
画像
まわりは闇
画像
水面に映るは別世界・・・?
画像
もみぢの大木も・・・
画像
笹のトンネルも・・・
画像
夢へのいざない・・・
画像
山蔭橋を渡ろうか・・・
画像
水辺に寄れば・・・
画像
夢心地
画像
闇夜を見上げれば・・・
画像
夢と幸せ、心いっぱい・・・!           おわり

出来るかな~?

スポーツの秋 出来るかな~?ダイエット! 私の行っているスポーツジムです。
画像
秋は美味しい物がいっぱいあって、嬉しいのだけど要注意! 何時もお願いしている丹波の農家から、昨日、新米30kgが届きました。 やっぱり、新米美味しいです! 果物も美味しいですよね! ついつい食べすぎます!
画像
あまり、熱心な会員ではありませんが、機械をしたりスタジオレッスンを終わった後はプールでひと泳ぎします。 以前は1000m・2000m泳いでいましたが、年代とともに体力も落ち、今はクールダウンのつもりで500mぐらい泳ぐだけです。 文化の秋 大輪の菊花2鉢、御近所さんから頂きました。 毎年、この季節頂くので、楽しみです。 今年は、白と黄色です。       富士の白雪
画像
      精興右近
画像
文化の日に、近くの公民館で催される「菊の花展覧会」に出品されるので、春頃からご主人様が手入れをされています。 何種類かの色の大輪の菊を小さな苗木から、何鉢も育てておられます。
画像
posted by 方向音痴の旅人 at 17:37Comment(6)

パソコンが壊れた!

大変です!パソコンが壊れました。
画像
友達へのメールを書き込んでいる時に、突然壊れたので驚きました。 買い替えて三年、ちょうど保証期間が五月に切れたところです。 メーカーのカスタマーセンターとのやり取りから「ハード」がダメになったことが解りました。 データーが全部無くなってしまいました。 データーを保存するために「外ずけハード」を買っていたのに取り込んでいませんでした。
画像
今春、携帯用のパソコンを、夫が購入したのですが使用していないので、とりあえず私が使うことにしました。
画像
持ち運びに便利なようにと小型を買っているので、今までより画面が小さくてちょと見づらいです。それにvistaなので慣れるまで大変です。 写真とみなさんのメールアドレスが消えてしまったのが、とても悔しい!です。 私のメールアドレスは変わっていませんので、みなさんもう一度メール下さい! お願しま~す。

ルービックキューブ

教えて頂いたルービックキューブ画像貼り付けが出来ました。 嬉しくて色々作ってみました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

華道展に行きました。 友達が出展しています。
画像
彼女の流派は「華道専正池坊」です。 私もお花を活けるのが好きで、昔、華道教室に熱心に通いました。 私は「小原流」。教授看板も頂きましたが、今は押入れで眠っています。 私の今のお花の活け方は「勝手流」と「気まま流」です。 庭のカリンに、始めて実がひとつ付きました。
画像
植えたのは随分前、綺麗な花を毎年見せてくれるのですが、実が付いたのは今年が始めて。 実は一個だけですが、嬉しくて写真を撮りました。 もう直ぐ黄色く色づくでしょう。 香りも素敵に香る事でしょう。 甘夏の実もこんなに大きくなりました。
画像
今夏は蝉の声も一段と喧しかったですが、セミの抜け殻は今も、庭の木や葉裏のあちこち見られます。
画像
posted by 方向音痴の旅人 at 15:39Comment(6)

秋!

彼岸花が咲いているのを、やっと見ることが出来ました。
画像
近所の公園です。去年までは赤色も多く見られましたが、今年はほとんど白。 紅い彼岸花を見つけに、田圃の方へ・・・。 見渡しても、彼岸花一本も見つかりません。 昔は何処の畦道にも咲いていたように思いますが。 田圃はもう稲刈りが終わっていますが、黒米、赤米の稲刈りはまだのようです。
画像
先程の、通り雨で、黒米はしゃんとしていますが、赤米は倒れています。
画像
彼岸花は見られませんでしたが、コスモスが咲いていました。
画像
トンボも・・・傍によっても逃げません。
画像
posted by 方向音痴の旅人 at 17:19Comment(6)

おまけ 

今回は車で行ったので、ちょっと寄り道をして帰る事にしました。 比叡山に登りました。 比叡山の頂上から滋賀県・大津方面の眺めです。 デジカメでは上手く撮れませんが。
画像
比叡山頂から湖を眺め、湖畔道路を走ることにしました。 国道161号線で、湖北・高島町に。以前から往ってみたかった処です。 高島町は、綺麗な水がコンコンと湧き出ていて,その水を屋敷内に引き込み屋敷内水場に鯉を泳がしている街です。 近江最古の社として知られる白髭神社の鳥居を右に見て・・・。 琵琶湖に立つ丹塗りの鳥居
画像
高島町には比良の山すそに広がるなだらかな棚田が広がっています。 今、ちょうど、刈り入れ時。
画像
安曇川の伏流水が、町のいたる所から湧き出ており、水路が張り巡らされ、透き通った水を各家に引いて活用している高島町針江地区。 161号線を走っていると道の駅があったので、針江地区への道順を聞くことにしました。 ところが針江地区は交通規制をしていて車では行けないとの事!残念! パンフレットもしっかり頂いてきましたので、次回はぜひ訪ねてみたいと思います。 この辺りは、福井から京都迄の鯖街道の途中なのですね。 道の駅には名物「鯖寿司」が数多く並んでいました。「焼き鯖寿司」が珍しいので求めました。 写真に撮るのを忘れましたが、ナカナカ美味でした。 長浜から北陸自動車道、そして、東名へと乗り継ぎ帰路に着きました。

温泉紀行Ⅲ <秋田>後生掛温泉 湯治

「後生掛温泉」に湯治に行って来ました。 海抜1000mの十和田八幡平国立公園の大自然の中にある「後生掛温泉」は地熱で床を暖めたオンドル部屋と泥風呂が有名です。 鍋・釜から食料など生活用品を持参しての、本格的な湯治をするという秋田の友達に誘われて、私も本格的の湯治を体験してきました。
画像
温泉熱を利用したオンドル部屋は、寝転んでいるだけもぽかぽかと入浴に近い効果があり、心地よく、健康度を回復するのに効果がありそうです。 お風呂場は硫黄の匂いが立ち込める高い天井で総木造り。情緒たっぷりです。 内湯は、湯舟が3、サウナ、むし風呂、滝湯、泥湯。あと小さめな露天がありました。 湯量豊富で、お湯がどんどこ流れて気持ちが良いです。 泥湯では泥を肌に塗ると、スベスベして一皮剥けた様に感じます。 持参した食材と共に、山蕗、ミズ、根曲竹、蕗の薹などの山菜を採り、温泉の蒸気で蒸して頂きましたが、とても美味しかったです。 写真の蒸気箱(?)に芋や野菜なら10~20分で蒸し焼きに、卵は5分入れると温泉卵が出き上がります。
画像
ここを拠点にして、岩手山、駒ケ岳登山やトレッキングを楽しまれている人々にも出会いました。 私は、まず、「八幡平」トレッキングコースを。高山植物の花の最盛期は7月上旬だとか・・・。 でも咲いていました。いっぱい咲いていました! イワカガミ、ハクサンチドリ、ワタスゲ、キヌガサソウ、シラネアオイ、キンポウゲ、ゴゼンタチバナ、ミツガシワ、ツマトリソウ、チングルマ・・・・など等。 キヌガサソウは花弁が6枚なら葉も6枚、花弁が13枚なら葉も13枚になるそうです。自然界の妙ですね! 殆ど知らなかった名前も、散策の途中次々と咲いている花を見つけていくうちにだんだん覚えていきました。                       ハクサンチドリ
画像
                      キヌガサソウ
画像
                      ミツガシワ
画像
山頂近くの鏡沼には、まだ雪が残っていて面白い姿を見せてくれていました。
画像
翌日は、「後生掛自然研究路」「大沼自然研究路」と全く反対の景色の路を歩きました。 「後生掛自然研究路」は源泉の沸き出でる地球のマグマの息吹を体感することが出来ました。 熱湯、蒸気、泥火山などが噴出し火山現象をふんだんに見ることの出来る2kmのコースです。                    大湯沼の泥つぼも噴気、噴泥しています。
画像
「大沼自然研究路」では、緑豊かな森に囲まれた湖と湿原を散策しました。 レンゲツツジとコバイケイソウの群生が湖に映えて綺麗でした。
画像
コバイケイソウに蝶が。
画像
イソツツジという名も覚えました。とても可愛い花です。
画像
テレビもなく、携帯電話も繋がらない人里離れた「後生掛」での数日でしたが、自然の有り難さ、自然の恐ろしさ、自然の美しさをあらためて感じる事が出来ました。
posted by 方向音痴の旅人 at 22:20Comment(0)

京都から友達が来ました!

京都から友達が来ました。10人の友達が東京に遊びに来ました。 そんなに頻繁に会ってはいませんが、会えば○○ちゃんと呼び合い直ぐに昔に戻って話が弾む友達です。関東組みとあわせて、17人が集まりました。 銀座の三井ガーデンホテルに宿泊すると言うので一緒に泊まる事にしました。 エレベーター前からロビーに続くおしゃれな空間です。 beautiful main lobby,
画像
イタリアの気鋭デザイナーがプロデュースしたホテルで、建ってから一年少しのまだ新しいホテルです。三井ビルの16階以上をホテルとしているので各部屋の大きく設えた窓からの展望は素晴らしいです。特に夜景は綺麗でした。ライトアップされた東京タワーも真正面に見えました。 フロントデスクの前のロビー     a hotel lobby,
画像
お部屋はこげ茶色と白を組み合わせたとてもシックな落ち着いた雰囲気です。
画像
部屋の窓から見た景色です。 浜離宮越しに海、其の向こうにベイブリッジが見えます。 Bay bridge and Tokyo Bay over the Hama-Rikyu-Garden,
画像
一泊二日の私達の楽しい集い、銀座をぶらつき、表参道ヒルズを散策、四谷界隈で食事、築地でお鮨を頂きと盛り沢山でしたが、何といっても「おしゃべり」が一番のご馳走でした。 Some friend came to Tokyo from Kyoto. I stayed at Mitui Gardeen Hotel with my friend.
posted by 方向音痴の旅人 at 23:37Comment(4)

楽しい音楽会!

画像
とても素敵な音楽会に行って来ました。 川口駅(埼玉)の傍の小さな会場は、家族連れや子供たちでいっぱいです。 「明日香」というこの歌のサークルは、美しい四季を詠んだ懐かしい童謡や唱歌を歌い続けて10年になるそうです。 40歳~80歳のご婦人方での構成ですが、皆さんとても楽しそうです。それにとても真剣です。 先生が又素晴らしい方でした。70歳代とお聞きしましたが、背筋をピンと伸ばして独唱される姿は若々しく、タイシルクのドレスが良くお似合いでした。 一ヶ月に一度は、色々な施設を訪問してみんなと一緒に歌う活動もなされています。 昔懐かしい歌を唄う事で、施設の年老いた方たちもとても喜びお元気になられる事が嬉しい、と話しておられました。 歌は不思議な力を持っていますね。 楽しい時は勿論ですが、哀しい時、苦しい時「歌」によって勇気付けられたと言う話は良く聞きますね。 最後は先生の巧みな指導で、会場のみんなが昔懐かしい歌のオンパレードで盛り上がりました。最近の歌「千の風になって」も教えていただきました。 生憎とお天気は雨模様。でも心はほのぼのと温かな一日でした。
posted by 方向音痴の旅人 at 22:47Comment(1)

真っ赤なヴィッツ!

画像
車買い換えました。真っ赤なヴィッツを買いました。 今までの私の愛車は日産サニー。9年間私の足となって良く走ってくれました。 買い換えるつもりは無かったのですが・・・。
画像
                9年間お世話になった日産サニーです。ありがとう!                           夫が車を買い換える事になり、以前お世話になったトヨタ自動車販売店に行きました。10年間クレスタに乗っていたのですが、主な使用は土・日曜日のゴルフ行き位なので走行距離も少ないし車体も綺麗なのでちょっと勿体無い気もします。が、兎に角、買い換える事になり新車も決まりました。今度の夫の車はRV車です。色は青! その後、雑談で「あと、10年は運転するつもり」と私が言うと、私の愛車サニーでは10年間は無理だろうとの事・・・。 今年車検だし、タイヤも痛んでいるし、買い換える方が良いのでは?と。 結局、真っ赤なトヨタヴィッツに決定!とても可愛い車で気に入っています。
posted by 方向音痴の旅人 at 22:50Comment(5)

本屋さんまで散歩!

注文していた本が入庫したとの連絡を本屋さんから貰いました。 真っ青な空にふわふわ雲、いつもなら車で一走りするところですが、こんな素敵なお天気を満喫しない手はありません。
画像
こぶしの大木が三本ある公園を抜けて椿の咲く道を過ぎた辺りの側溝の壁に面白いものを見つけました。ひび割れた壁から何か染み出たのか、ひび割れを修繕するのに何かを塗ったのか、馬と犬に見えませんか?
画像
画像
坂を少し下って進むと小さな川に出ます。土手には河津桜の並木。まだ若い木々ですが濃いピンクの花をいっぱいつけています。先日の春の嵐で花びらが散った木の先端から小さな緑の葉が勢いよく空に向かっています。
画像
注文した本は「病院にかからない健康法」。 今迄、病院にあまりお世話になった事もないし、今、健康に不安を感じている訳でもないのに何故注文したかとかというと、この本の挿絵を担当されておられる方が私のお友達なのです。 ハワイ在住の彼は建築家でもあり、画家でもいらっしゃるのです。彼の絵はいつも優しさにあふれています。この本の挿絵がどんな風に描かれているか楽しみです。
画像
posted by 方向音痴の旅人 at 17:57Comment(5)