スリランカ旅行 〈7〉

野生の象と孤児院の象 野生の象を見に行きました。 ジープに乗って、シギリヤロックの周りに広がるジャングルに・・・座席から飛び上がるほどの凸凹道です。
画像
大きな象の後ろ姿・・・ついて行くと・・・
画像
小さな広場に、あちこちから、象が集まって来ています。
画像
ジープを見つけた母親像が、子象を繁みに追い立てて行きます。
画像
少し離れた所に、牙を持った象が・・・ガイドさんによると牙を持った象が見られるのは珍しいとの事。
画像
ジャングルの中では、行き会うことはあまりありませんでしたが、帰り道、ジャングルから次々とジープが出てきました。
画像
象の孤児院 気持ちよさそうに水浴びしているのは「孤児院」のゾウたちです。毎日、川で水浴びするのが日課です。
画像
時間になると、象たちは川から上がってきて・・・
画像
孤児院までの道のりを、ノッシノッシと通りを行進していくさまは迫力満点! 時には、見物客におねだりをしたり・・・
画像
孤児院に戻った子象に大きな哺乳瓶からミルクを上げているところです。
画像
コロンボとキャンディの間、ピンナラワという場所にある象の孤児院はスリランカ政府が運営しています。 親を亡くしたり、はぐれてしまった子ゾウを保護している施設です。
posted by 方向音痴の旅人 at 15:24Comment(2)