春浅し  吟行 ①

延命寺 <白井市・平塚>

白井市(千葉県)の里山、平塚を散策しました。
里の人々に守られて真言宗豊山派「延命寺」が有ります。
延命寺の山門はベンガラ色。

          山門から観音堂を見て
画像


延命寺境内にある観音堂は、方3間の規模の三間堂です。
昔は茅葺でしたが、今は銅板葺。

          観音堂(寛文8年(1668年)に完成)
画像


          白梅、紅梅も満開
画像


画像


境内の鐘は「絵画梵鐘」と名付けられています。
中国で出会った壁画に感動した住職が作者(田村能理子さん)に働きかけて完成したそうです。

          絵画梵鐘(写真の面はシルクロード月下・商憩図)
画像


梵鐘の絵は 日本と大陸の交流を描いた「二都花宴図」高さ約2m。
鐘の円周に「古都宮園女人立像図」「シルクロード月下・商憩図」「大和童女遊戯図」「古都郊外馬人競技図」の4枚の絵が描かれています。
原画は、中国西安「唐華賓館」のロビーにあるそうです。



ここは、七福神巡りのお寺の一つであり「大黒様」のお寺としても知られています。

          福の神・大黒像
画像


大黒様は米俵に乗っているのを良く見かけますが、この大黒様は天邪鬼の上に乗っかている様です。


この記事へのコメント

雲の上
2008年03月06日 15:10
 コメントを頂き有難うございました。
草花の名前も、仏の座とか・・・

 紅梅・白梅も開花しているのですね。
今年は、梅の花も開花が遅かったような気が致します。
 クリスマスローズも私方は、これからの開花です。

 お山の上(海抜220m位)に住んでいて、雲海の上と言うことで雲上の楽園とのブログにしました。
 従って、名前も『雲の上』です。
 お気に入りに登録をさせて戴きました、今後とも宜しくお願いを致します。
 素敵なブログですね・・・・!
さかなchan
2008年03月06日 20:21
お久しぶりです。すっかり梅も満開!「桜はまだかいな~」・・・又変わった釣鐘を始めて見せてもらいました。大黒様も米俵ではなく、どうやら唐獅子に乗っているようですよ。変わったものを二つ見せてもらったおかげで、75日×2長生きできそうです。
2008年03月06日 20:48
白井市・・・拙宅から近いぞ・・・しかしこのお寺知らないな・・・今度行ってみょう・・・トホホホホホホ(*^_^*)
2008年03月06日 23:02
梅がきれいですね。
皆さんのブログを見ると季節が春になっていると感じます。こちらでは、梅も桜もたんぽぽもチューリップも一度に花開きます。人も植物も雪が溶けるのを待ってるんですね。
この大黒様いい味だしてますね。
mugen
2008年03月06日 23:10
雲の上 さん
早速に有難うございます。
こちらこそよろしくお願い致します。
雲海の上のお家・・・素敵ですね!うらやましいです!

そちらは標高が高いので梅の花の開花も遅いのでしょうね?
又、私も楽しみに寄せて頂きます。
mugen
2008年03月06日 23:25
さかなchan
コンバンは!
大黒様が乗っているのは唐獅子ですか?いつも教えて貰って有難う!さかなchanさんは矢張り博学ですね!
でも、こんな大黒様珍しいですよね!
私、拝んで来ましたので何か良い事有るでしょうか!

mugen
2008年03月06日 23:34
バカボン さん
お近くですか?
平塚は小さな里ですがぜひ散策して見てください。
私は俳句のお仲間と吟行で歩いて来ました。
mugen
2008年03月06日 23:53
rosso さん
コンバンは!
我が家の紅梅、白梅も良い香り・・・メジロが花をついばみに来ています。
日中はすっかり春の陽射になりました。

そちらの春は、全ての花が咲き競い見事な景色を見せてくれるのでしょう!雪解けが待ち遠しいですね!
newcomer
2008年03月07日 13:19
里山にある小さなお寺なんですね。
昨年に続いて七福神をお詣りしたのですからきっと御利益があるでしょう。
大黒様が・・・の上に乗っているのですね。
どうのような謂われがあるのでしょうか、知りたいです。
2008年03月07日 16:03
紅梅、白梅がきれいですね。
こちらは花の季節も今月いっぱいでしょうか。
1月~3月と短い春の期間、ずーっと雨で
あまり花を見て歩く事ができず残念です。
でも、今年は皆様のブログで拝見できるので
楽しみにしてます。
malihini
2008年03月07日 20:01
mugen様イヤー春がやって来てますね!ところで、変わった大黒様です。実のところ、私も唐獅子と狛犬の違いが良く判りません。京都国立博物館で一度狛犬と唐獅子の比較をしていたのですが、それを見ても良く判りませんでした。たぶんこれは唐獅子でしょう。七福神でただ一人の日本の神様(大黒様)が唐獅子を踏んづけているところがなんか意味有りげですね。
2008年03月07日 23:08
ずいぶん前なのですが、朝日新聞に森瑤子が小説「東京発 千夜一夜」を連載していた時、曜日ごとに6人が挿絵を描いていてその中の1人が田村能理子さんでした。
毎週絵を見るのを楽しみにしていた記憶があります。
彼女の壁画がこんなに立派な鐘になったんですね。
白井市は、千葉県のどのあたりにあるのですか?
千葉なら、いつか日帰りでも行けそうです。
この鐘と、大黒様に会いに行きたくなりました。
mugen
2008年03月08日 21:29
newcomer さん
そうなのですよ。里の人々が大事にお守りしておられる様子が感じられるお寺です。

大黒様を拝んできましたので、その内良い事が有るかしら?楽しみに待っていましょう!
mugen
2008年03月08日 21:52
月 さん
沖縄は今年雨の日が多かったのですね。折角の花の季節なのに残念ですね。
こちらでは先日「桜開花予想」が報じられていました。
関東地方は3月末とか・・・?
mugen
2008年03月08日 22:04
malihini さん
米俵に乗った大黒様のイメージが有ったので、この大黒様を見た時ちょっとびっくりしました。
機会があればいわれを聞いてみたいと思います。
mugen
2008年03月08日 22:22
sourire さん
延命寺の住職が空海の記念祭に出席のために訪れた西安で、田村能里子さんの絵と出会ってこの梵鐘が生まれたのです。凄いドラマですね!
白井市は16号線沿いにありますが、平塚地区はちょっと奥まった所にある里山です。