春浅し! 吟行 ②

平塚分校

延命寺から少し歩くと「鳥見神社」。印旛沼の北岸台地北側に計18社あり、「鳥見十八社」と呼ばれています。ここは奉納神楽が舞われる神社です。

          鳥見神社
画像


鳥見神社を右に見て真っすぐ進むと突き当りが「平塚分校」。
明治6年開校の「平塚分校」も今は廃校になっています。

里山の廃校は心に何か響く物があるのでしょう・・・俳句の仲間たちは三三五五散らばって句作に励んでいます。

          廃校の平塚分校
画像


それぞれの教室には、遠足の写真や登板表、地球儀などが・・・。

画像



主のいない運動場の周りには、今も花が美しく咲いています。
里の人々はこの分校の思い出を大事に守っておられるのですね。

白梅にも花心が紅と白が有るのですね。

          花心が紅    
画像


          花心の白
画像


          紅梅          
画像



          和水仙<の香りが・・・
画像


分校の裏門をでると・・・里山に続く・・・

画像


この小道を子供達が賑やかに通っていたのでしょう!

画像



吟行句10句、席題句5句、合計10句提出!
ちなみに席題は、鳥の巣・恋猫・種袋・耕し・春焚き火・岩(読み込み)・永(読み込み)。
午前9時30分~午後5時まで、今日も前頭葉フル回転!




この記事へのコメント

風の旅人
2008年03月09日 01:27
mugenさん
音楽が聞こえないとおっしゃっていましたね。
もしかしたら直るかも知れません。
ブログのコメント欄を読んで、一度試してください。
お願いします。
mugen
2008年03月09日 17:08
風の旅人 さん
有難うございます。
風さんのブログで見せて貰って来ました。
以前風さんに教えて貰って「Windows Media Playerのダウンロード」はしています。
この頃聴こえる様になったは、そのお陰なのかも知れませんね。

2008年03月10日 18:05
廃校なのに、今でも使われているように
きれいにされているのが感じられます。
「思い出を大事に守って」とは
とても素敵な事ですね。

今回もたくさん詠まれて…
みなさん,ちゃんと時間内に
全部できるんですよね?
mugen
2008年03月10日 20:31
月 さん
里山を守るということは、地域の歴史、文化、生物を大事にすることなのでしょうね。
平塚の里の人々の心遣いが感じられました。

頑張って詠みました。嬉しい事に特選の中の一句に選ばれたのですよ。