秋・本番

ザクロが色付きました。

画像

ぱっくりと割れたザクロの実の中には、たくさんの小さな宝石のような実が詰まっています。その一つひとつがそれぞれに小さな種を持っいて、このことからザクロは古くから子孫繁栄をあらわす果物として「吉祥果」ともいわれています。鬼子母神様が右手にザクロの枝をもち、ふところに子供を抱いておられるのもこの願いからでしょうね。



画像

雲も流れています。コスモスも・・・空へ空へと揺れています。



画像

ススキの穂も出始めました。小さな川のほとりです。毎年この川のほとりのススキが一番初めに穂を出し始めます。
運が良ければ、カワセミにも会えるのですよ。私も何度カカワセミが川面を飛んでいるのを見ました。





この記事へのコメント

2010年10月03日 22:26
みんな“秋の色”ですね。
一つひとつの写真に詩をつけてみたいです。素晴らしい写真ですね。
日本の秋はやっぱり一番です。

2010年10月03日 23:28
昔、子供の頃 学校帰りの道端で野生のザクロを友達ともぎ取って食べていました♪
味の善し悪しよりも採って食べる行為を楽しんでいた気がします!
カワセミも宝石の様に綺麗なんですよね?
実物を見れるなんて羨ましいです!
僕は一度も見た事がない…
2010年10月04日 00:14
実家の庭にザクロの木が1本ありました。
この写真を見て思いだしています。

秋の訪れが一気に始まって、慌ただしくカメラを担いで出かけています。
暑い間はじっと家に引きこもっていましたが、爽やかな風が吹くとやっぱり出ていきたくなります。
直ぐ近場で良いのに遠くまで。
そうじゃないと出ていった気になれない(笑)

秋色とても素敵でした。
2010年10月04日 06:51
いいですねぇ。青空をバックの,柘榴のオレンジ色、
コスモスのパープル、夕映えの中のススキ、どれも、
好きな感じです、とてもいいなぁと思いました。
有り難うございました。
2010年10月04日 12:36
すっかり秋模様ですね。
こちらも涼しくなったとはいえ
まだまだ暑いです。

全記事の江戸東京博物館は
とても素晴らしいですね。
江戸好き、ミニチュア好きなので
とても見応えがありました。
実物を見れなくて残念ですが
写真がよく撮れているので
堪能できました。
ありがとうございます。
mugen
2010年10月04日 22:05
庵主さん
四季のあるのは嬉しいですね!
今年は厳しい暑さが続き、秋の訪れを待ち焦がれた分、高い空がうれしくて写真を撮りました。

詩や俳句を書き添えれば良かったですね。
mugen
2010年10月04日 23:20
キャプテン アフリカ さん
ザクロの宝石のようなきらめきの実は、食べるのがもったいないほど綺麗ですね。でも、種ばかりで果肉はほんのちょっと。

翡翠色のカワセミとても綺麗です・・・私の腕とカメラでは写せないので、飛んで行ってしまうまでまでずーと動かないで見ています。
案外と近くの川や池でカワセミは見られる様ですよ。
2010年10月06日 10:50
心象風景のようですね。秋になると心静かに
もの思いにふけることも多くなりそうです。
ススキの穂が秋の始まりを告げて、やがて
舞いだす時期まで散策を楽しめそうです ♪
mugen
2010年10月06日 22:07
風の旅人さん
高く澄んだ空と爽やかな風・・・この季節は家に居るのがもったいないですもの、風さんの気持ち解ります!

子供の頃食べたザクロは、とても酸っぱかったですが、今は健康食品などにも活用されているようですね。秋色褒めてくださって有難うございます。
mugen
2010年10月06日 22:13
ぶんじ さん
青空が綺麗なのでザクロの色が映えて良かったです。

空が高いと空気も澄んでいる感じがして気持ちいいですね。これからますます秋色が増してくるでしょうから、楽しみです!
mugen
2010年10月06日 22:20
月さん
アラッ!月さんは、江戸好き、ミニチュア好きなのですか?・・・江戸東京博物館には、他にも沢山ありますので、ぜひお越しください。そちらからではちょっと遠いですが・・・。
mugen
2010年10月06日 22:24
ロク゜の大好きな徳さん
だんだん、景色も空気も秋色に染まってきましたね。
きっと、ログハウスの生活や、散策を楽しんでおられることでしょうね。