咲いているかな~? クマガイソウ!

竹藪を抜けて・・・・どんどん進んで行くと・・・

見つけました! クマガイソウの群れている所です。
ちょと訪れるのが早かったのでしょうか・・・蕾しか見当たりません。

画像


探してみると・・・アッ!一輪だけ咲いていました!

画像


熊谷直実が背負っていた母衣(ほろ)姿が、この花の袋状の唇弁に似ているとクマガイソウと名付けられたそうです。良く似た花で、アツモリソウがありますが、こちらは平敦盛にちなむものです。
クマガイソウとアツモリソウは花の色も違いますが、葉っぱが全然違いますね。

画像


ウラシマソウがあちこちに咲いています。マムシ草とそっくりですが、ウラシマソウには長ーいひげがあるので見分けられます。これが浦島太郎が垂らす釣り糸に見立てて名前が付いたそうですが、名付けた人のイマジネーションの豊かさは素晴らしいですね!

画像


竹藪には白ヤマブキが・・・真っ白な花弁が緑の中で清々しい美しさです。

画像


イカリソウも見つけました。花弁が錨のような形をしているのですか・・・上手く撮れなかったのですが、錨に見えますか?

画像










この記事へのコメント

2011年04月25日 08:16
山野草に一時期凝っていたときがありましたが、その頃を懐かしく思い出しています。
クマガイソウ、ウラシマソウ、イカリソウ、どれもよくぞ見つけられましたね。咲いているところには咲いているものですね。
2011年04月25日 14:00
春から初夏へ向かって、野の草花も咲き始めた様ですね。自然の豊かさを感じとらせて頂きました。
2011年04月25日 14:53
クマガイソウ自然が残ってますね。
イカリソウ、ウラシマソウは見かけますが
クマガイソウは中々見られません、良かった
ですね。
さかなchan
2011年04月26日 15:56
mugen様
クマガイソウ!沢山咲くところが有るのですね。
ウラシマソウはまだ見たことが有りません。
イカリソウやシロイヤマブキやら色々咲いている
所を歩いてみたいな~。
我が家ではウラシマソウやマムシグサ等はありませんが、ニオイハンゲ(同じ仲間ですがすこぶる小さいです)がようやく芽を出しました。とってもいい香りがするんですよ!花が咲いたら画像を送りますね。
2011年04月26日 18:26
mugen殿、
ヤブを抜けるとクマガイソウが・・、好いですね。
自然がいっぱいの中で羨ましいですね。
私めは今シ-ズンは山野草の探索に出かけていませんね。
何だか気忙しくて、と言いながら15日に天ぷらにする、タラの芽のことが心配でちょこっと調べたついでに田尻廃村跡でミツマタの群生地で開花しているのを観ました。
そろそろ、ヤマシャクヤクの季節になります。
頑張らなきゃ!
mugen
2011年04月29日 20:18
茜雲 さん
山野草の造形の不思議さとネーミングの面白さに、魅了されますね。茜雲さんは山野草はもう卒業されたのでしょうか・・・?
クマガイソウが咲きそろう頃、もう一度訪ねてみたいと思います。
mugen
2011年04月29日 20:32
毎日日曜人さん
「手にとるなやはり野におけ山野草」
盗む人がいるようですが、山野草は野山にあるのが一番美しいですね。
mugen
2011年04月29日 20:36
たまて箱 さん
私も初めて見たのですが、不思議な形にちょっと驚きました。いっぱい咲いている時もう一度訪ねたいと思いますが・・・。
mugen
2011年04月29日 20:47
さかなchanさん
山野草が咲く所は、人の手があまり入らない場所が良いのでしょうね。こんなに色々見られるとは思っていなかったので嬉しかったです!

ニオイハンゲの写真楽しみにしています。どんな香りがするのかしら・・・?
mugen
2011年04月29日 20:56
impression さん
山野草のプロ…セミプロかな?のimpression さんは色々と良く知っておられるでしょうね。
「手にとるなやはり野におけ山野草」野山で見るのが一番綺麗ですし、山野草も有るべき所に居て幸せそうでしたよ。
2011年06月06日 15:58
竹薮を抜けるとそこには色々な草花がmugenさんを
お待ちかねって感じですね、
二枚目のクマガイソウですが熊谷直美が背負って
いた母衣の姿ですが、袋に包まれたお地蔵様が
中にいるように見えました。
またウラシマソウがマムシ草に似ていたり
植物にいろいろな形状を変えなければいけない
のは・・生き延びるためでしょうか不思議です。
全て同じ形状でも困りますけどね(笑)、
有り難う御座いました。
mugen
2011年06月19日 09:06
ワインレッドさん
返事遅くなり申し訳ありません。
クマガイソウやウラシマソウの不思議な造形は自然生み出した芸術作品ですね。
ワインレッドさんなら、どんな風に素敵な作品になさるか、
見て見たいなーと思いました。