桜めぐりの旅 〈2〉 松代城址(長野県)

松代城(海津城)


高藤城址公園は、赤みを帯びた鮮やかな桜色で染まっていましたが、ここ松代城址公園は「ソメイヨシノ」、薄桃色の花が優しく迎えてくれました。

画像


武田信玄が、戦国時代に山本勘助に命じて築城させ、江戸時代には真田家の居城となったと記されています。

画像


藩士に分け与えられていた土地を、明治時代に真田幸正が買い取り、本丸跡地を遊園地として解放、今に伝えられています。

画像


満開の花の木漏れ日を浴びて・・・

画像


天守閣跡でしょうか・・・この石垣の一部は当時のものだそうです。

画像


城郭を一周しましょう。お城の裏から見た桜も見事です。

画像








この記事へのコメント

aikane
2014年04月28日 14:20
mugenさん 元気にあちらコチラと飛び回っておられて
何よりです! 健康が1番。今年は桜を満喫されましたね! 日本は四季があり、幸せです。四季折々の、楽しみがあり素晴らしいと思います。これも健康であればこそ・・・健康に感謝デスヨ。
mugen
2014年04月29日 10:46
aikane さん
四季のある日本に生まれて、本当に幸せですね。でも、それも、健康であってこそ・・・お互い元気で過ごしたいですね!

京都の山々は、みどりに染まって来たようですね・・・山笑う季節に。
2014年04月29日 18:11
山本勘助の築城とあってか、桜も存在感を感じます☆
満開の桜の木漏れ日☆ 実際にこの目で観たい風景です♪
散策気分、味わえました(^^)
mugen
2014年05月01日 17:22
キャプテン アフリカ さん
この頃のココアさんは、緑の葉の木漏れ日の道をお散歩でしょうね。

広い城郭だから、風に揺れる桜の花の木漏れ日も、広々と気持ちよく、散歩には最高でした。