京都・時代祭

長岡京から平安京に都を移された平安遷都の日、10月22日は「京都の誕生日」

その日を祝して、毎年この日に「時代祭」が行われます。

画像


平安神宮のお祭りでもある「時代祭」は、「祇園祭」「葵祭」とともに、京都三大祭りの一つに数えられています。

画像


祭りに使用される衣装祭具は当時の素材、技法を再現してあり、「風俗史の大行列」・・・京都1200年の伝統文化を観ることが出来ます。

画像


行列は8つの時代、それぞれの時代を再現した衣装や道具を身につけた人々が続きます。

画像


最初は明治維新、ついで江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と時代を遡って続き。参加人数は約2000人、長さは2kmに及び約3時間の行程です。

画像


行列は、約2000名・牛馬70頭の豪華絢爛な行列はまさに“生きた時代絵巻”です。

画像


この祭りの真の意義は、ご神霊に京都の市中を巡行していただき、市民の暮らしぶりを親しくご覧いただき、全市民が心を一つにゆくさきの平安を祈る祭礼・・・それが時代祭だそうです。

画像


何十年振りかで、時代祭を見物しました。

曇り空だった空も、行列が始まった時は小雨、次第に大粒の雨に・・・私達は早々に退散しましたが、衣装を濡らさぬように雨合羽を着ての行列は、お気の毒でした。








この記事へのコメント

  • さかなchan

    mugen様  雨の中の時代絵巻、イマイチ華やかさに欠けるでしょ! 観客も少ないようですね。毎年牛さんがいないので、苦労されているようです。牛さんも昔のように力仕事をしていないので、何年か前は途中で動けなくなったとか・・・!
    2014年10月31日 15:22
  • 茜雲

    時代祭り、この時期にはマスコミでも紹介され、知ってはいますが、観たことはありません。
    “明治維新、ついで江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と時代を遡って続き”、このことからも時代祭りというのですね。またこの祭りの真の意義についてもよく分かりました。
    2014年11月01日 08:22
  • 辛口兄さん

    こんにちは
    >行列は約2000名・牛馬70頭
    凄いですねー
    長い歴史のある京都ならではなの行列なのでしょうね。
    2014年11月01日 14:30
  • 京都の時代祭りですか。
    約2000名、牛馬70頭で、その時代、時代の衣装などを見ることができるなんて、素晴らしいお祭りですね~。
    時代祭りの意義もmugenさんの説明からわかりました。
    わたしもこんな壮麗な祭りを一度見てみたいです。
    2014年11月02日 00:02
  • 庵主

    お早うございます。
    学生時代に何度も行列に参加したことを思い出しました。何時代であったか忘れましたがね。多分平安時代の頃の衣装を着ていたと思います。もう半世紀前のことでした(笑)。
    それ以来、地元にいながら祭りは見ていません(笑)。
    2014年11月02日 09:38
  • mugen

    さかなchan さん
    久しぶりの時代祭を楽しみました。
    残念ながら、雨が降ってきたので、最後まで見られませんでしたが・・・。

    時代祭の街で頂いた、昼食のお寿司が美味しかったので、又、行ってみたいと思います。
    2014年11月04日 15:54
  • mugen

    茜雲 さん
    2kmに及ぶ行列は、雨が降ってきたので残念ながら途中で諦めて、美味しいスイーツ屋さんに行きました。

    見物の人々も、行列の人々も、雨合羽を着ての時代祭、大変でした。ちなみに翌日からは秋晴れの日が続いたのですよ。
    2014年11月04日 16:11
  • mugen

    辛口兄さん
    何しろ1200年の歴史ですから、○○時代は・・・なんて言われてもピンとこないですね。
    でも、こうした歴史があり、今があると思えば、感慨深いです。
    2014年11月04日 16:50
  • mugen

    彩 さん
    歴史のある「祭り」を守り伝えるのは、どこの地域でも大変なことでしょうね。
    京都は「葵祭」「祇園祭」「時代祭」の三大祭りが有名です。
    いつか、ぜひお出かけになって下さいね。
    2014年11月04日 16:55
  • mugen

    庵主 さん
    京都三大祭り、どのお祭りも人数が多く必要なので、学生のアルバイトなしでは成り立たないと聞いています。

    かっては、庵主さんも衣装をつけて、京都の街を練り歩かれたのですね。
    2014年11月04日 17:00