東京国立近代美術館

東京国立近代美術館は、皇居前の竹橋のすぐ傍に建っています。

画像


この美術館が、観る人に優しい仕掛けを講じているというので行って来ました。

①老人力大歓迎 (65歳以上無料・車いす使用者優先)
②おしゃべりOK 眺めの良い休憩スペース有(4F)
③無料ガイドツアー(1時間コース)
④写真撮影OK (フラッシュは禁止)


私達は、③無料ガイドツアーをお願いしました。 もちろん、写真も撮って来ました。

画像


まずは2階の日本画展示コーナーから・・・


絵の簡単な説明の後、ガイドさんを含めた参加者(5名)が、時代背景・依頼主・画家の心情・今までの絵との描き方の違い・・・等々・・・絵の前で言葉のキャッチボールを楽しみます。

平福百穂 《丹鶴青瀾(たんかくせいらん)》
画像



花鳥風月が日本画の主流だった時代に、赤松の幹が二本描かれているだけのこの作品に付いての意見交換。
色々な意見が出て、大いに盛り上がり面白かったです。

徳岡神泉 《赤松》
画像



モデルを色々な角度からスケッチをして、後からそれらを合成して描かれた「安井正太郎」の絵です。キュビスムの手法ですね。 この描き方のよって、モデル(日本女性)の性格や思考、行動なども表しているとの意見が多々出ていました。

安井正太郎 《金蓉》
画像



美しい舞妓さんを描いて人気のある「小磯良平」も、戦争画を書かなければいけない時代があったのです。

小磯良平 のこの2点の絵は、モダンなバレリーナたちの群像と、兵士の群像とが共通の手法で描かれているそうで、一緒に飾ってあります。

小磯良平 《練習場の踊り子たち》
画像


小磯良平 《娘子関を征く》
画像



乳白色の肌の婦人を描いて、フランス画壇の寵児になった「藤田嗣治」もやはり戦争画を描かざるをえなかったようですね。

藤田嗣治 《アッツ島玉砕》
画像



有名な「高村光太郎」の作品「手」です。
34歳の光太郎自身の左手。貧乏暮らしでモデルを雇うことも出来ない光太郎は自分の手をモチーフにしました。
奇妙に反り返った親指、小指はふわりとした曲線を描いています。

高村光太郎 《手》
画像


やわらかく、力強い仏像の手。 仏教の「施無畏の印相」 と呼ばれる形は、何ものも畏れず受け入れる、菩薩の異名。その形を心に描いて創作された「手」は、芸術家として生きる光太郎の決意表明でもあった・・・と。

画像




何点かの作品の前で、おしゃべりしながら回った後は解散、その後はそれぞれが自由に見て回ります。
静かに見て回るのが常でしたが、トークをしながら、写真を撮りながらの絵画鑑賞・・・楽しかったです♪~





"東京国立近代美術館" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント