庭にも春が・・・

1週間ほど旅行している間に・・・

P1050943.JPG

庭では、フキノトウがポコポコ・・・

P1050946.JPG

ヒィ、フゥ、ミィ、ヨゥ・・・21個も可愛い頭を出しています!

P1050944.JPG

福寿草も咲き始めています♪~

P1050947.JPG

留守の間は、日本はポカポカ陽気だったみたいですね。









posted by 方向音痴の旅人 at 17:32 Comment(4)

いちご大福

陽射しを浴びて里山は、紅梅も・・・

IMG_20200202_080655.jpg

ロウバイも・・・運んできます春の香りを・・・

IMG_20200202_080823.jpg

友達が「いちご大福」作ってくれました。
大きなイチゴは佐賀産、大福も大きく、大きな口を開けて頂きました!美味!

IMG_20200131_105359.jpg












posted by 方向音痴の旅人 at 12:30 Comment(4)

勢揃い!

ご存知でしたか?
赤い可愛い実を付ける低木に、一両、十両、百両、千両、万両 があることを・・・。

揃って植わっているのを見たのは初めてです!

IMG_20191226_093430_.jpg

我が家には、千両と万両はあるのですが・・・一両、十両、百両も植えてみたいです。









posted by 方向音痴の旅人 at 12:01 Comment(6)

青島

青島神宮

P1050456.JPG

P1050466.JPG

P1050468.JPG

鬼の洗濯板・・・○○年前、修学旅行で訪れた時は引き潮だったのでしょうね。この鬼の洗濯板を歩いて青島神宮にお参りしました事などを思い出しました。

P1050462.JPG

ANAホテル・・・青島から対岸に見える白い建物は、私達が泊まっているホテルですが、シーズンになれば巨人の一軍選手が止まるホテルです。

P1050461.JPG



「指宿・砂風呂温泉」・・・顔以外、すべて砂の中に身体を埋めれば、次第に身体がポカポカとしてきて、砂の重さと温泉の効果で、その心地良さについうとうと・・・一年間の疲れが汗とともに流れ去ってしまったよう!







posted by 方向音痴の旅人 at 22:45 Comment(2)

島津藩主の別邸

朝焼が綺麗。今日はお天気悪くなる予感!

P1050408.JPG

島津家別邸「仙巌園」

錦江湾や桜島をとりいれた雄大な景色が美しく、迎賓館としての役割も果たしています。

IMG_20191226_093939_.jpg

庭園からは、雄大な桜島を望むことができるのですが雨模様。庭を散策して早々に退散しました。

IMG_20191226_094433.jpg



訪れると願いが叶うという不思議な言い伝えがあるクルスの海へ・・・

P1050435.JPG

上から見ると「叶」と見えるからだそうですが・・・
上空からでないと、こんなに上手くは撮れません。これは、看板の写真です。

P1050430.JPG

私が撮ったのはこちら・・・とても「叶」とはみえませんね。

P1050426.JPG

でも、今年何か叶うかな~

霧島神宮

坂本龍馬とおりょうさんも参拝したという霧島神宮は、パワースポットとして人気があるそうです。

P1050497.JPG

樹齢800年の御神木の杉も、パワースポットのひとつ!

P1050499.JPG

御神木の裏手にまわって上を見上げ、烏帽子を冠った神職が手を合わせた姿をした木のコブを探してみましょう。

P1050500.JPG

上の写真の木のコブの所を拡大してみました・・・確かに烏帽子を冠った神職に見えますね。パワースポットです!

P1050502.JPG











posted by 方向音痴の旅人 at 17:34 Comment(4)

桜島・黒神腹五社・埋没鳥居

大正3(1914)年の桜島大噴火で噴出した大量の火山灰・軽石は、上空8000m以上まで上昇し、火山灰はカムチャッカ半島まで飛んでいったといわれています。この時、完全な島だった桜島と大隅半島が陸続きになりました

この地区にあった「腹五社(はらごしゃ)神社」の鳥居は、大正噴火後たった1日のうちに軽石や火山灰に埋め尽くされ、高さ3mあったという鳥居が、笠木部分の約1mを地上に見せるのみになってしまいました。

P1050371.JPG

噴火後、住民は神社の神聖な鳥居を掘り起こそうとしましたが、当時の村長が噴火の脅威を後世に伝えようと掘り起こすのを止め、そのままの形で現在に至り、県の天然記念物に指定されています。

この鳥居の直ぐ側には、いざという時に備えての「シェルター」が設置されていました。

P1050374.JPG

「桜島が噴火している!」と言ったら、地元の人達は「このぐらいは噴火しているとは言わない」レベルだそうです。
年間を通して、噴火灰の空のもとで暮らす大変さを語ってくれました。

P1050380.JPG


鹿児島湾をフェリーで渡り、知覧へ。

P1050388.JPG


知覧特攻平和会館

若くして散った特攻隊員達が残した手紙や文章を読んでいると、涙が溢れて、字がぼやけてしまいます。平和を願わずにはいられません!

P1050398.JPG

鹿児島は、もう菜の花が満開!お天気なら菜の花の向こうに桜島が勇姿を見せてくれるのですが・・・

P1050399.JPG

鹿児島といえば、この人を忘れてはいけませんね。「現代を見つめる西郷隆盛像」10mを超える西郷どんです!

P1050340.JPG





posted by 方向音痴の旅人 at 14:10 Comment(4)

今年もよろしくお願いいたします。

昨年、年の瀬も押し迫った頃に、指宿温泉に出かけました。

足を伸ばして、鹿児島県霧島市にある九州旅客鉄道肥薩線の「嘉例川(かれいがわ)駅」に行ってきました。

P1050360.JPG

築100年以上のレトロな木造駅舎は、県内最古で登録有形文化財。 無人駅ですが、特急「はやと」が停まる全国でも珍しい駅です。
鉄道マニアにはよく知られた駅で、全国から訪れる人も多いからか、無人駅ながら、立派な門松が迎えてくれました。


100年以上、一度も改築されたことがない待合室の天井も高く、駅構内の柱や、改札、天井などに使われた木が年季を感じさせます。

P1050350.JPG

単線路、どこから来て、どこまで行くのか・・・旅情を感じさせる風景・・・

P1050347.JPG

一時間に1本もないのに、なんとれ列車がやってきました!

P1050362.JPG

令和二年一月も、今日は成人の日、遅ればせながらですが、今年もよろしくお願いいたします。








posted by 方向音痴の旅人 at 13:00 Comment(6)

紅葉・東福寺

京都の紅葉の名所の一つ「東福寺」にも行って来ました。

P1050107.JPG

P1050121.JPG

P1050125.JPG

ひとひら、ふたひら、紅葉が散っていたら、もっと素敵なのだけど・・・

P1050113.JPG

P1050105.JPG

本堂の天井では、龍が睨みをきかせています。堂本印象の作です。

P1050130.JPG

三門はいつ見ても堂々として頼もしい!

P1050134.JPG

三門を支えている太い柱の下部に四角い穴が空いています。並んでいるすべての柱に同じ大きさで、同じ位置で空いています。
柱を通すのかしら・・・とか、行く度に不思議に思っていたのですが、今回思い切って訪ねてみました。
湿気の予防と、地震などの揺れを逃がすためだそうです。

IMG_2189.JPG



私が訪れたのは11月中頃、少し紅葉には早かったです。
今日は27日、今頃真っ赤に色づいていることでしょう・・・






posted by 方向音痴の旅人 at 00:39 Comment(4)

嵐電

通称「嵐電」と言われていますが、正式名は京福電気鉄道。

P1050153.JPG

京都に住んでいた時にはよく乗っていたのですが、久しぶりに乗って驚きました!

P1050149.JPG

まるで、動く美術館!

P1050152.JPG

天井からは、千手観世音菩薩様の手がニョキニョキ!

P1050146.JPG

吊り革や側面にも、観音様や菩薩様がずらりと!

P1050144.JPG

とても楽しく、有り難い、乗り心地かな・・・?








posted by 方向音痴の旅人 at 00:16 Comment(3)

京都・嵐山サイクリング

11月半ば、京都に帰りましたので、嵐山界隈を友達とサイクリングしてきました。

嵐山のメイン通りは観光客でいっぱい! 自転車で走るのは大変! 裏道を通って「松尾大社」へ。

P1050217.JPG

大鳥居には、穢(けがれ)を祓う力があると云われている榊が吊り下げられています。
榊の束は12個。榊の枯れ方によって月々の農作物の出来具合を占ったとか・・・珍しい光景です。

P1050221.JPG

観光客の多い嵐山の喧騒が嘘のように、静かで荘厳な雰囲気のお社です。「松尾造り」と呼ばれる独特の建築様式の屋根をもつ本殿で参拝。

P1050201.JPG

お昼ごはんを食べた後、天龍寺付近を走り・・・

P1050231.JPG

二尊院も紅葉には、まだ少し早そう・・・自転車なので、あちこちスイスイ走れます!

P1050242.JPG

1200年の歴史を誇る大覚寺にも、少しだけ立ち寄り・・・

P1050244.JPG

「広沢池」まで、田舎道を走リます。

P1050253.JPG

最後にお参りしたのは「油かけ地蔵」・・・

P1050258.JPG

油をかけてお祈りする珍しいお地蔵様です。

P1050259.JPG

私達も油をかけてお参りしました。お地蔵様は、油でベトベト・・・

P1050260.JPG

今日一日、足として走ってくれた自転車です。私は赤い自転車をチョイスしました。(1日の借料1000円)

P1050254.JPG























posted by 方向音痴の旅人 at 23:42 Comment(2)

日本一の大仏様

石像の高さ、31m。日本一の大仏様です。

P1050268.JPG

千葉房総・鋸山の日本寺にに座されています。
日本寺は聖武天皇によって建立、時の帝により、国の国号を冠する「乾坤山日本寺」の名を賜ったとか・・・

P1050267.JPG

大仏様が眺められておられるのは、太平洋・・・

P1050271.JPG

鴨川は、大山千枚田が有名ですね。早苗の頃、稲穂の頃の美しい景色は写真などでよく見ますが、今の時期、ライトアップされているとの事行って来ました。

P1050284.JPG

ライト点灯は5時位からとか・・・今は4時30分

P1050285.JPG

太陽が沈むのを待ちます。

P1050286.JPG

まずは、オレンジ色・・・

P1050301.JPG

平和の文字も・・・

P1050315.JPG

4色に変化するようですが、だんだん寒くなってきましたので帰ることにしました。

P1050316.JPG















posted by 方向音痴の旅人 at 12:43 Comment(4)

中国・米亜羅(みあら)〈4〉

今回の旅の目的は「米亜羅」地方。ここが始まりです!

P1040871.JPG

あまりの美しさに、声を失い眺めるばかり!

P1040869.JPG

この美しい「岷湖」をあとにして、もう少し山奥に入ります。
15人乗り位のグリーンバスと呼ばれる電気エコカーに乗って・・・

P1040899.JPG

「磐羊湖」に到着・・・今の季節、紅葉、黃葉に包まれているはずの湖ですが、雪化粧。メタセコイアの木々がかすかに色彩を添えています。

P1040910.JPG

雪山からの恵みの「白龍瀑布」を見ながら・・・

P1040906.JPG

湖畔をめぐり・・・

P1040915.JPG

P1040934.JPG

5kmのトレッキングに出発です。

P1040925.JPG

P1040940.JPG

この雪の原も、本当は草紅葉なのでしょうね?
秋景色は見られませんでしたが、美しい雪景色を見ながらのトレッキング、大満足でした! 

P1040945.JPG


この「米亜羅地方」の観光は、今まで催行されていなくて、今年始めて募集されたようです。
現地のガイドさんも、日本人を案内するのは、私達が2度めだと言っていましたし、米亜羅で会う観光客は、ほとんど中国の方でした。
中国の中では有名な観光地でしょうが、海外に知られるようになったのは、つい最近のようです。















posted by 方向音痴の旅人 at 16:48 Comment(5)

中国・松潘〈3〉

今回訪ねた地方は、漢民族ではなく、羌族(きょうぞく)や、チベット族の人々が暮らす地域です。

羌族の家

羌族の家には、大体どの家も立派な塔が設えています。攻め込まれた時この塔に籠城するためで、食べ物なども備蓄されていたそうです。

P1040656.JPG

チベットを統一した王、ソンツェン・ガンポの像が、松州古城の前に堂々と・・・

P1040669.JPG

P1040671.JPG

城壁内には、チベット風なのか、中国風なのか「明」時代の建物が残っています。

P1040682.JPG

ホテルの前の通りですが、旗や看板は中国ですが、なんとなくチベット風な感じもして・・・添乗員さんはいないし、ガイドさんは移動のバスでしか会わないし、聞けませんでした。

P1040685.JPG

道路や家などが綺麗なのは、2008年の地震で被害がでて、復興したばかり・・・観光客を迎えるのもつい最近のことだそうです。












posted by 方向音痴の旅人 at 11:50 Comment(0)

中国・黄龍〈2〉

今回の旅行、なんと、添乗員さんが飛行機に乗り遅れました!

私達が成田を出発したのは10月25日、台風20号が太平洋側に強雨を降らせ、首都圏の交通が遅延、道路は渋滞。
ツアー客の方は、それを見越して早く集合していたのですが・・・結局13名のツアー客は添乗員無しで中国・成都へ。

成都から、ドンドン山の奥の方へ、現地のガイドさんと一緒にツアーは始まりました。5泊6日の旅行で、添乗員さんが、追いつき合流したのは3日目の夜でした。

こんな事ってあるのですね~


前ページの続きです。

標高3575mまで登ってきました。

目の前に広がるのは「五彩池」・・・紀元前1万年頃地上に出現した古い地質、長い時間をかけて石灰分が流れ続け石灰華となって水をせき止めこの景色が形成されました。

P1040813.JPG

これから、2~3時間かけて下って行きます。

P1040817.JPG

道の両側に続く彩池は、空の青さを映しているように美しい!

P1040830.JPG

P1040826.JPG

P1040841.JPG

P1040844.JPG

大きな滝の所まで降りてきました。ゴールはもうすぐです。

P1040854.JPG

トルコの「パムッカレ」を思い出しましたが、黄龍のほうが規模は大きく、変化に富んでいます!







posted by 方向音痴の旅人 at 22:45 Comment(2)

中国・黄龍〈1〉

標高 3560m ・・・

P1040737.JPG

ロープウェイで登ってきました。昨夜降った雪で、樹氷、霧氷が真っ白!キラキラ!

P1040720.JPG

ここは世界遺産「黄龍」の山頂・・・登りは無理なので、5kmの下りを徒歩でおります。

P1040730.JPG

5000m級の山々、岷山山脈が木々の間から勇姿を見せてくてくれます。

P1040746.JPG

滑らないように気をつけて木道を下ります。

P1040743.JPG

P1040744.JPG

酸素濃度が低いので、途中に「酸素吸入のお助け小屋」がありました。 私達はお世話にならなくて済みましたが・・・

P1040749.JPG

下りの途中の目安の「黄龍中寺」が見えてきました。

P1040754.JPG

だいぶ下ってきましたが、ここから、少し急な上りの階段が続きます、疲れた足にはきつい階段でしたが・・・
その先に待っていたのは、素晴らしい景色でした・・・次ページに!













posted by 方向音痴の旅人 at 15:58 Comment(7)

秋 Ⅱ

久しぶりの里山

IMG_20191013_071213.jpg

まだ刈り取られていない黒米の田んぼに案山子が・・・

IMG_20191015_073333.jpg

どこからか、甘く芳しい香り・・・金木犀

IMG_20191015_072612.jpg

庭先には、秋明菊

IMG_20191015_074612_.jpg

オキナワスズメウリの実も可愛い!

IMG_20191015_074714_.jpg

無人野菜売り場で、栗を購入・・・今日は栗ご飯・・・秋の味を楽しみます。

P1040537.JPG


台風19号が、未曾有の爪痕を残しています。被災された地域の皆様お見舞い申し上げます。
今回、私の地域は災害を免れましたが、温暖化や気候の変動で、いつ何時、被災地になるかわかりません。
どうしたら良いのでしょう・・・




posted by 方向音痴の旅人 at 23:13 Comment(8)

美しい紫色の「実」をもらいました。

P1040530.JPG

「あけび」の実です。絵心があれば、サッサッと、水彩で描きたいところですが・・・

P1040531.JPG

10cmほどの大きな実。手のひらに乗せるとズッシリと。

P1040534.JPG

計ってみました。100gもある大きな「あけび」!

P1040540.JPG

一輪挿しで飾っていますが、そのうちパクッと口を開けるかな~・・・




posted by 方向音痴の旅人 at 22:22 Comment(4)

娘とランチ!

銀座のフレンチレストラン、ミシュランの二つ星を獲得し続ける「ESqUISSE(エスキス)」に行ってきました。

今春、装い新たにリニューアルオープンしたばかりとか・・・

エントランスのエレベーター前の百合の香が芳しい・・・

P1040509.JPG

まずは、シャンパンで・・・

P1040486.JPG

シェフによるこだわりの創作コース料理には、それぞれ名前がつけられていました。

〈変化〉からすみ、烏賊・・・シャンパンのおつまみ

P1040487.JPG

〈詩情〉フォアグラ、酒粕

P1040489.JPG

赤ワインも頼みました。

P1040490.JPG

〈仕草〉鱧、イヌハッカ

P1040491.JPG

〈甘美〉ボタン海老、トンカ

P1040492.JPG

〈波しぶき〉真名鰹、発酵ぶどう

P1040493.JPG

〈獣性〉仔羊、ヨモギ

P1040495.JPG

〈浸透〉梨、リコッタ

P1040496.JPG

〈愉しみ〉グレープフルーツ、オリーブ

P1040499.JPG

〈おまけの愉しみ〉チーズケーキ

P1040500.JPG

お土産ももらいました。

P1040514.JPG

中身は・・・

P1040512.JPG

店の名前の(エスキス)は、美術のデッサンの名前の一つだそうです。シェフは料理を決める時は、まずは必ずイラストを描くので、そこからエスキスと名前をつけたのだとか。
















posted by 方向音痴の旅人 at 15:28 Comment(6)

中学野球大会

甲子園球場で、高校野球の熱戦が続いている頃・・・東京では中学生たちの熱戦が繰り広げられていました。

北海道から九州までの各地域の予選を勝ち抜いた32チームが、東京に集い対戦します。

P1040441.JPG

硬式野球の中学生クラブチーム日本一を争う全国大会として、毎年8月に開催されています。
8月11日に開会式、12日から首都圏の15球場で熱戦が繰り広げられ、決勝戦は東京ドームで行われます。

P1040405.JPG

孫が所属している「世田谷西リトルシニア」チームが、なんと、決勝戦にのこり、東京ドームに応援に行ってきました。

P1040403.JPG

そして、なんと優勝しました!

P1040407.JPG

P1040411.JPG

P1040416.JPG

監督を胴上げです!

P1040432.JPG

今年は、孫のお陰で、熱く楽しい夏を過ごすことができました!









posted by 方向音痴の旅人 at 17:07 Comment(4)

解りますか?

珍しい物を頂きました!

P1040363.JPG

これ、何だか解りますか?

P1040367.JPG

大きいでしょう・・・これ、茄子なのですよ!

P1040369.JPG

薄く切って、一夜漬けにして頂きました。美味しかったですよ!



posted by 方向音痴の旅人 at 22:50 Comment(4)