吉村芳生・超絶技工展

この絵が、鉛筆画だと判りますか? まるで写真のようなリアルな絵は、見る者を圧倒します。 彼の作品は超絶技工 新聞に描かれた自画像にも、驚かされます。  その日一番おもしろいと思った新聞の一面に、一年間365日、自分の色々な顔を描き続けるなんて凄いです! でも、下記の作品は、もっと凄いのです!・・…
コメント:4

続きを読むread more

瀬戸内寂聴庵

京都・嵯峨野に建つ「寂聴庵」に行きました。 月1度の「写経の会」・「法話の会」の時以外は、寂庵には入れないとのことですが・・・同窓生のお蔭で入れてもらえました。 門を入ると、可愛いお地蔵様が迎えてくれます。 寂庵の額を掲げた建物の前には、2~3日前に97歳のお誕生日を迎えられた寂聴さんへのお祝いのお花が…
コメント:2

続きを読むread more

薪能

薪能を観賞するために、少し予定を早めて京都に帰りました。 薪能の舞台は、京都・北白川にある京都造形芸術大学の屋上にある「瓜生山能楽堂・楽心荘」 日本でも数少ない常設の野外能舞台を設置。山の斜面に位置する大学の地形を活かし、舞台背景には瓜生山に育つ赤松が・・・ 屋上からの眺め、京都市内が一望・・・夕焼けが綺麗です…
コメント:4

続きを読むread more

五百羅漢さん

お~い! 呼んでいるみたいだけど、なんだろうね。 ウ~ム、今、うさぎと語らっていますので、忙しいのです。 桃、美味しいですよ。食べますか? いらない、いらない~ 私は食べたいです! 私達、ず~と立ち続けで、少々疲れ気味だな~ 羅漢さんとは、…
コメント:4

続きを読むread more

クマガイソウ

私達の隠れ家、「おばさんのお蕎麦屋さん」に行ってきました。 おばさん宅の裏の竹薮には「クマガイソウ」が群生しています。 去年の今頃は咲きそろっていましたが・・・今年はまだ蕾。 あと、1週間もすれば満開になると、おばさんが言っていましたが・・・ 長~い釣り竿のような髭を持つ「ウラシマソウ」は咲いていまし…
コメント:4

続きを読むread more

甘夏マーマレード

今年も甘夏がいっぱい実りました! マーマレードを作ります。 料理本などには、茹でこぼしをすると記載されていますが、私は流水で濁りが無くなるまで何度も揉み洗いをします。  甘夏のシャキシャキ感と、少しの苦りが残る大人の味のマーマレードが出来上がりました。 大鍋いっぱい・・・待ってくれている人がいます・・・直ぐ…
コメント:2

続きを読むread more

貫前(ぬきさき)神社

妙義山の帰り道、貫前神社に寄りました。 さくらは満開です! 社殿は徳川家光公・綱吉公の造営で、1400年の歴史を持つお社です。楼門は鮮やかな朱色。 振り返ると、今、降りてきた階段・・・ 鳥居から石段を下った場所に社殿があります。 「下り宮」と呼ばれる独特の配置で、国内でも珍しい造りです。 一般的な…
コメント:2

続きを読むread more

妙義山さくらの里

「妙義山」は岩壁や奇岩が立ち並び、日本三大奇景の一つとしても有名です。かなり遠くからでもその異様な岩山に圧倒されます。 その妙義山の山麓に広がる「さくらの里」に行ってきました。 「さくらの里」は東京ドームの10倍も有る広さ、桜満開の頃は多くの人で賑わいます。 行く道中では満開でしたが、標高が高い…
コメント:4

続きを読むread more

再会は楽し!

友人から、絵画展の案内が届きました。 とても、素敵な絵を描かれる彼女とは、最近会っていないので楽しみです! 1時間程で帰るつもりでしたが、長年会っていない共通の友人たちが、次々と・・・結局、みんなで夕食を食べることになり、京橋から銀座まで歩きます。 懐石料理の「銀座大志満」で、再会を祝して・・・ 先付…
コメント:0

続きを読むread more

お花見

少し前になりますが、お花見に行きました。 川沿いに植えられている約5km、約800本の河津桜 この河津桜は、市民がそれぞれの想いを込めて、一本一本植えられた桜です。 木、それぞれには、それぞれの「想い・希望・感謝」などの言葉と名前のプレートがついています。 立派…
コメント:4

続きを読むread more

タンジュンアルビーチの夕陽(マレーシア)〈6〉

東シナ海に落ちる夕陽は絶品です! 夕陽を眺める為のコタキナバルでの一番のおすすめスポット、タンジュンアルビーチに出かけましょう。 遠浅で穏やかなこのビーチ、浅く広がる鏡のような水面に夕焼けが反射する美しさに圧倒されて、みんな無言で見つめていました。 自然の…
コメント:4

続きを読むread more

ボルネオ鉄道乗車(マレーシア)〈5〉

今回の旅の、3つ目の目的 ボルネオ鉄道に乗車することです! 英国領時代の名残を感じさせる雰囲気が、なんともノスタルジック! 乗車して直ぐに「切符・パスポート・マップ」を貰います。 パスポートには駅を通過するごとにスタンプを押してくれます。 のどかで美しい風景を眺めながら、コタキナバル~パパール間を…
コメント:8

続きを読むread more

リバークルーズ ・ 蛍 (マレーシア)〈4〉

今回の旅は、ヒルトン・コタキナバルに3日間連泊するので、余裕を持って観光できるのが嬉しいです。 今日は、リバーサファリに出かけます。 ライフジャケットをつけて、ボートに乗り、マングローブ・クルーズへ・・・ 川の両側は、まるでジャングル・・・クルーズしながら、「テングザル」や長いしっぽで蟹を獲って食べることから名…
コメント:6

続きを読むread more

キャノピーウォーク (マレーシア)〈3〉

キナバル山麓の広大な自然公園には、他にも色々な見所があります。 「キャノピーウォーク」。 案内板を見ながら、ガイドさんが道順を説明。 亜熱帯植物のしげる道を登っていくと・・・ キャノピーウォークウェイの入り口が・・・入場料とは別に、吊橋を撮影するための、カメラ代5リンギを支払います。 そこからゆっ…
コメント:4

続きを読むread more

ラフレシア(マレーシア)〈2〉

世界最大の花「ラフレシア」・・・「奇跡の花」とも呼ばれています。 今回、私達が見たのは74cm・・・光合成ができないので、他の植物に寄生して成長します。花や蕾の保護の為、触ったりする事はできませんが、存在感はたっぷりです! つぼみはまん丸。 つぼみの期間は、なんと約9か月もあるのです。それなのに、開花期間は1週間程。…
コメント:4

続きを読むread more

コタキナバル(マレーシア)〈1〉

マレー半島の東側に浮かぶボルネオ島の玄関口、コタキナバルに旅してきました。 成田から直行便で、約6時間で訪れることができます。 1日目は、祖先の魂が眠る地として崇められてきた聖なる山、4095m キナバル山へ・・・午後になると雲に隠れて見えなくなる日が多いとのこと、私達も早朝に出発しました。(登ってはいません) …
コメント:4

続きを読むread more

蕗の薹

採りたての「蕗の薹」を貰いました。 なんとも言えない、春の香り・・・ なんとも優しい、春の色・・・ 我家の庭も見回すと・・・全然気が付きませんでしたが、落ち葉の間からポツポツ顔をだしています。 目で楽しんだ後は、味覚を楽しみます♪~ 今夜は、天ぷら、ふき味噌・・・春をいただきます~♪ …
コメント:2

続きを読むread more

四国西国秩父坂東供養塔

暖かい! 4月の陽気だそうです。 青空に誘われて、里山を歩いてきました。 もう直ぐ雛祭り・・・道に面したお家に段飾りが・・・日向ぼっこのおばあちゃまにお断りをして撮らしていただきました。 道端に小さなお堂があり、何時も気になっていました。 側に立つ碑には「四国西国秩父坂東供養塔」と・・・ …
コメント:8

続きを読むread more

紅梅

いつもの様に、里山を歩きます。 梅の花が咲いているお家は、多くありますが、このお宅のはとても立派です。 枇杷の花が満開・・・とても地味な花で、あの綺麗なオレンジ色の果実になるとは想像出来ません。 たんぽぽも一輪咲いています。この寒空にあわてん坊のたんぽぽ! 寒いので茎を伸ばせないのでしょう、地…
コメント:6

続きを読むread more