ポルトガル旅行 〈2〉

今日は国境を超えて、北スペイン・ガルシア地方へ。 エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教三大巡礼地のひとつサンティアゴ・デ・コンポステーラに行きます。 まずは、「歓喜の丘(モンテ・ド・ゴソ」 長い長い巡礼路を歩いてきた巡礼者たちは、聖地サンチャゴ・デ・コンポステラの5km手前の丘に到着・・・この丘からカテドラルの尖塔が、小さいけれどはっきりと見えます 巡礼者たちの目指す聖地を見つけた時の喜びが、ひしひしと伝わってきます。
画像
歓喜の丘からの眺めです。山の裾野に三つの塔が見えますか?・・・これが巡礼者達が目指す聖地サンチャゴ・デ・コンポステラです。
画像
私達も、「聖地サンチャゴ・デ・コンポステラを目指して出発しましょう! あまり近くまで行くと、3つの尖塔は見えません・・・近くの小高い公園からその全貌を見てから・・・
画像
サンチャゴ・デ・コンポステラの正面に到着。聖ヤコブの遺骸が祭られているため、古くからローマ、エルサレムと並んでカトリック教会で最も人気のある巡礼地であり、世界中から巡礼者が絶えません。
画像
正面広場には「ホタテ貝の印」が・・・ホタテ貝はヤコブのシンボルで、フランス語ではホタテ貝を「聖ヤコブの貝」と言うそうです。
画像
巡礼者は、その証明に帆立貝の殻を荷物にぶら下げています・・・見回すとみんなぶら下げています。
画像
直ぐ側の修道院(十字架のある建物)・・・スペインのもっとも古い修道院の中のひとつであり、おいしいお菓子作りでも名高いのですが、毎日販売しているわけでもなく・・・たまたま今日販売しているとか・・・
画像
私達は、この修道院の周りを3周し、色々な人に尋ねても販売場所が解らず・・・諦めかけた時やっと判明。 大きな木の扉を入り、石畳のホールの、この小さな窓の側のボタンを押すと・・・
画像
鉄格子の向こうの扉が開き、老シスターが鉄格子越しに販売してくれます。
画像
これが苦労をして入手したメレンゲとアーモンドパウダーで作った「アーモンドクッキー」です!
画像
サクッとして、とても美味しいです♪~
画像
posted by 方向音痴の旅人 at 11:11Comment(2)