テーマ:ポルトガル旅行

ポルトガル旅行〈10〉

シントラ ペナ宮殿 ペナ宮殿は、19世紀ロマン主義を象徴する建築として有名、「シントラの文化的景観」として世界遺産に登録されています。 山の上に建つ宮殿は、イスラム、ゴシック、ルネサンス、マヌエル等のあらゆる建築様式が複合されています。門をくぐりましょう・・・ 土地の起伏を利用して造られているので…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポルトガル旅行〈9〉

リスボン 発見のモニュメント リスボン市西部のテージョ川岸にある大航海時代を記念した記念碑。 52メートルの高さのコンクリート製で、探検家達が愛したキャラベル船の船首の曲線に似せているそうです。   船首には、大航海時代の先駆的指導者・エンリケ航海王子を先頭に、同時代の探検家、芸術家・科学者・地図制作者・宣教師ら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポルトガル旅行〈8〉

ロカ岬 ロカ岬は、ユーラシア大陸最西端の岬です。 ポルトガルの英雄的詩人ルイス・デ・カモンイスが詠んだ「ここに地果て海始まる」の言葉が碑に刻まれています。 大西洋からの強い風が出迎えてくれます。聞いていたより凄い強風です。 高さ140mの断崖の上には、 1772年に建設された灯台が今も現役で働いて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポルトガル旅行〈7〉

オビドス 城壁に囲まれ丘の上にある小さな村オビドスは、「谷間の真珠」と呼ばれています。 新婚旅行でオビドスを訪れた時、この地に魅せられた王妃に王がプレゼントされて以来、オビドスは代々の皇后の直轄地となり「王妃の村」として栄えてきました。 城壁の上は思ったより狭く片側しか壁が無く、大人2人がすれ違うのがやっとです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガル旅行〈6〉

ナザレ 4世紀にパレスチナのナザレから一人の聖職者が聖母マリア像を持ち込んだことにちなんで、この町の名がついたと伝わっています。 青い海とオレンジの屋根のコントラストが絵のように美しい海辺の町・・・人気の観光地です。 海岸から標高110m地点の岩の上にある街シーティオには、ケーブルカーで行き来できます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポルトガル旅行〈5〉

トマール キリスト修道院 城壁が連なり、かつて城塞だったことがよくわかリます。 門を入ると まるで、お城のよう・・・ テンプル騎士団によって建設されたのですが、解散命令が出た後、キリスト騎士団へと改編され彼らが管轄することになりました。 キリスト騎士団は、大航海時代 のポルトガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガル旅行〈4〉

バターリャ バターリャ修道院は、ポルトガルの独立を象徴する建築物 ユネスコの世界遺産です。 アルジュバロータの戦いでの勝利を、聖母マリアに感謝するために建設されました。バターリャとはポルトガル語で「戦闘」の意。 修道院の入口は、78の聖像が飾られています。 先のブログで書いたサンティアゴ・デ・コンポステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガル旅行〈3〉

コインブラ ヨーロッパ屈指の伝統を持つ名門コインブラ大学の建造物群は、世界遺産に登録されています。 この大学には、世界でもっとも美しく、豪華とされる図書館があります。残念ながら休館日では入れませんでした。(HPから) この図書館では、本に巣食う虫を食べてくれる「コウモリ」を飼っていることでも有名ですね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポルトガル旅行 〈2〉

今日は国境を超えて、北スペイン・ガルシア地方へ。 エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教三大巡礼地のひとつサンティアゴ・デ・コンポステーラに行きます。 まずは、「歓喜の丘(モンテ・ド・ゴソ」 長い長い巡礼路を歩いてきた巡礼者たちは、聖地サンチャゴ・デ・コンポステラの5km手前の丘に到着・・・この丘からカテドラルの尖塔が、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more