仁和寺(京都)

「わたしゃ、お多福 御室の桜、鼻が低ても 人が好く」 仁和寺中門内の、背が低く 遅咲きで有名な 御室桜を見に行きました。
画像画像
でも、まだ咲いている木も・・・優しい春の色!
画像
散り始めている桜越しの五重塔
画像
今日は、お釈迦様の誕生日、花祭りです。甘茶をかけてお参りしましょう。
画像
御衣黄も咲き始めていました。
画像
大きなミツバツツジが満開・・・
画像
ミツバツツジの向こうにも・・・
画像
お庭を散策していると「水掛不動尊」に。
画像
仁和寺の裏山からの湧き水を不動明王に掛けながらお祈りすると願いが叶うとか・・・お祈りしてきましたよ。 不動明王の足下の岩は「菅公腰掛石」と呼ばれています。太宰府に左遷される出発前、菅原道真公が挨拶に仁和寺を訪れこの石に腰を掛け宇多法皇のお勤めが終わるのを待っていたとの事です。
画像
桜見物には遅すぎましたが・・・桃色や白のシャクナゲも満開!
画像
 
posted by 方向音痴の旅人 at 20:56Comment(4)

鬱金桜

時々散歩する小路の傍らに、1本の「鬱金桜(うこんさくら)」が植わっています。 ソメイヨシノが散り、若葉が美しく風に揺れる頃に咲き始めます。
画像
八重咲きで「美人桜」とも呼ばれているそうですよ。白っぽく写っていますが、実物はもう少し薄黄緑色をしていて、遠くから見ると葉と間違えそうです。 鬱金桜御衣黄と同じように、散る頃には紅色に染まって来るとか・・・ぜひ見に来たいと思います!
画像
                         今日(4月30日)、どのようになっているか鬱金桜を見に行きました。上記の写真を撮った日から5日後になります。曇天の下、恥じらうように薄紅色に染まっていました。 これも又、美人桜と呼ばれる所以でしょうか・・・美しいですね!
画像
posted by 方向音痴の旅人 at 19:17Comment(8)