貫前(ぬきさき)神社

妙義山の帰り道、貫前神社に寄りました。 さくらは満開です!
画像
社殿は徳川家光公・綱吉公の造営で、1400年の歴史を持つお社です。楼門は鮮やかな朱色。
画像
振り返ると、今、降りてきた階段・・・ 鳥居から石段を下った場所に社殿があります。 「下り宮」と呼ばれる独特の配置で、国内でも珍しい造りです。 一般的な神社では本殿へ向けて「上る」形式のものが多いのですが、こちらは本殿の方が低い位置にあり、参拝時は参道を下っていくことになります。(階段を登っている人達は参詣が終わって帰る人です)
画像
本殿に見られる極彩色の華麗な漆塗りは、どこか日光東照宮と似ています。
画像
本殿の裏にそびえ立つ樹齢1200年の巨杉。 パワースポットだそうです。
画像
画像
画像
大鳥居の向こうに、山並みが・・・お天気にも恵まれ楽しい一日でした♪
画像
posted by 方向音痴の旅人 at 10:14Comment(2)