セザンヌ展

六本木・国立新美術館で開催されているセザンヌ展に行ってきました。 セザンヌの画業を、フランスの北と南、パリとプロヴァンスという2つの場所を対比して構成された展覧会です。 セザンヌは風景画でも静物画、人物画でも、その移りゆく時間を永遠にカンバスにとどめ様とした画家だと言われていますが・・・凡庸の私にも感じられるでしょうか・・・?
画像
国立新美術館は、いつ来てもユニークで美しい建物です。
画像
あいにくの曇り空ですが、ガラスの壁から差し込む光は優しいです。
画像
セザンヌの画業の出発点となった大作「四季」、それぞれの季節をを女性で象徴して描いています。 左から、春・夏・秋・冬
画像
自画像・・・意志が強そうですね。
画像
庭師・ヴァリエ 水彩画に見えますが、水彩技法を研究して描かれた油彩です。
画像
彼は、故郷のサント・ヴィクトワール山を繰り返し、繰り返し描きました。 中でもこの絵は、二本の松を額縁のようにして、サント・ヴィクトワール山が描かれています。 この2本の松は、中学時代サント・ヴィクトワール山で一緒に遊んだ親友エミール・ゾラとセザンヌ自身だと言われていますね。 でも、後年、ゾラがセザンヌをモデルにした小説の内容に関して、決定的な決別が生じ、生涯会うことがなかったそうです。 しかし、ゾラの死の知らせを受けたセザンヌの嘆き悲しみは尋常ではなかった、と言われています。きっと後悔の念がいっぱいだったのでしょうね・・・。
画像
何年か前、南フランス・プロヴァンス地方を旅した事があります。 セザンヌが好き、モネが好き、ゴッホが好き・・・彼らが愛したエクスプロバンスをゆっくりと歩きたくて・・・。 季節は春・・・花々は美しく、木々の緑は瑞々しく・・・眼前に、サント・ヴィクトワール山が現れた時「アッ!雪!」と叫んでしまいました。 雪を被っているかと見紛うばかりのサント・ヴィクトワール山は石灰岩の山なので白く輝いていたのです! そんな、想い出を、楽しく思い出させてくれる展覧会でした。